家電リサイクル法とは

家電リサイクル法は、廃棄物を減量させるとともに資源の有効利用を促進する目的で2001年に施行されました。

対象製品

家電リサイクル法対象製品は以下のとおりです。

リサイクル料金

リサイクル料金はメーカーによって異なります。
詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
家電製品協会

家電リサイクル法の仕組み

家電リサイクル法で定められた対象製品は以下のような仕組みでリサイクルされています。

家電リサイクル システムの流れ

家電リサイクルシステムは、排出者が支払うリサイクル料金と収集・運搬料金によって運営されています。リサイクル料金は対象機器廃棄物のリサイクルに必要な行為のために使用されます。収集・運搬料金は製造業者等への対象機器廃棄物の適切な引渡しのために使用されています。
排出者、小売業者、自治体、製造業者等それぞれが協力し合い、正しい家電リサイクルに取り組みましょう。

家電リサイクル システムの流れ

家電リサイクル券システム

小売店などで引き取られた家電製品は家電リサイクル券により管理されます。排出者は引き渡した家電製品がきちんとメーカーに引き取られたかを家電リサイクル券で確認することができます。

販売店又は郵便局に備え付けられている「家電リサイクル券」に品目や製造業者名等を確認の上、記入してください。販売店で支払った場合には家電リサイクル券の排出者控えを必ず受け取ってください。郵便局で支払った場合には家電リサイクル券に振替払込受付証明書を貼って引き渡してください。


  • 販売店にて発券される
    家電リサイクル券

  • 郵便局に配備されている
    家電リサイクル券

家電リサイクルの実績

家電リサイクルによって多くの資源がリサイクルされています。さらにフロンなどの有害物質を適正に回収し処理することで、地球環境にも貢献しています。
家電リサイクル法は「持続可能な社会」を実現させるとても重要な法律なのです。

リサイクル実績

フロン回収実績

再商品化率実績

引用 : 一般財団法人 家電製品協会 年次報告

このページのトップに戻る